パンチメン

チケット予約方法はこちら!

仁科 貴 / 大宮 将司,監督・脚本・編集 / 中間 健詞

予告篇はこちら

2017年6月24日(土)18:00~神戸三宮シアター・エートーにて上映決定!!!

ストーリー

なにをやってもうまくいかない中年サラリーマン菊池浩二は
妻子にも見放され、無気力な毎日を過ごしている。
そんな菊池が仕事での大失態の後、運命のように辿り着いたのは
謎の地下組織「パンチメンスタジアム」。
そこには一見アホみたいだけど、真剣に戦う戦力外の老若男女の姿があった。
中でも菊池の心を鷲掴みにしたのは無敵のファイター、北直樹。
北の「影のある強さ」に惹かれ、菊池はスタジアムに通うようになる。

果たして彼らが戦いに求めるものとはなんなのか…

解説

【ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2013 フォアキャスト部門】で上映後に色々あって沈黙していた
《なんだかイマイチな毎日を感じている人が観るとちょっと元気になれる 大阪産インディーズ喜活劇》が
「面白いのになんで公開しないん?」「早く観せろ!」等の声にひっぱられて再浮上、そして東京初上陸!!
主人公のダメダメ中年サラリーマン菊池浩二には本作が単独初主演となる仁科貴。孤高のファイター・北直樹には
『大阪外道』(石原貴洋監督/ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2012オフシアター部門グランプリ)で主人公の外道を怪演した大宮将司。
2つの個性と妙な笑いを軸に「戦い」がリングの内外で繰り広げられる。

監督・脚本・編集

中間 健詞(田中 健詞)
1967年 大阪生まれ。
学生時の8ミリ映画を機に映像制作を開始。
大学卒業後、TVCM制作会社に入社し、20年以上
TVCM・VPの企画・演出・プロデュースに携わる。
2014年1月に個人事務所「田中製作所」を設立、フリーランスとなり、
演出名を本名の田中健詞から、中間健詞とする。
日本映画監督協会会員。
映像制作とは別に「金属加工」も生業の一つにする変な男。
プロフィールを詳しく見る
中間 健詞(田中 健詞)

音楽

タナカキヨヤス
1965年生まれ、大阪府堺市出身。サウンドデザイン、作曲、作詞、歌。
1979年シンガーソングライターに憧れギターを片手に作曲開始。
学生時代には8ミリフィルムでの自主映画を体験し、後にインディーズ映画の音楽作曲や歌に進出。
卒業後、DTM、音響効果や録音技師などを経てサウンドクリエーターとなる。
現在は(株)リッカサウンドデザイン代表取締役としてCM音楽やサウンドデザインを中心に仕事を行っている。

エグゼクティブプロデューサー/丸山行雄・西原三興,プロデューサー/戸谷静子・荒川英樹,撮影/松浦昭浩・木根森基  照明/柳川清志,録音/今西康裕・犬丸正弘,美術/西田可美・徳田英志,殺陣/中村信行,へアメイク/岡田誠野,コンポジター/吉村寛興

上映スケジュール

2017年 6月24日(土)18:00~

会場

神戸三宮シアター・エートー

〒651-0094
兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5丁目6-9
TEL:078-231-0011

JR・各私鉄 三宮駅前から徒歩3分

お問い合わせ

チケット、映画、劇場に関するお問い合わせ、その他お問い合わせはこちら(田中)まで。